青経研のご案内

東大阪青年経営研究会は、東大阪商工会議所が主宰する若手経営者・後継経営者の経営研究の場で、昭和58年10月に発足しました。事業としては、専門家や地域の先輩経営者を招いての講演会やセミナー、先端企業の視察会や事例研究会、メンバー交流会などを開催しています。

会長挨拶

三島基司

第16代目会長を務めさせて頂くことになりました。入会から10年、社長としても10年がが経過し、青経研を通して様々な学びの機会を得、少しでも自身の成長、会社の成長に力を注いで参りましたがまだまだ未熟者です。至らぬ点が多々ございますが、東大阪青年経営研究会の会長として相応しい行動がとれるよう2年間努めて参りたい所存です。

さて、私のスローガンに「将来にコミット!理念とビジョンが明確な経営計画に繋がる青経研」を掲げました。皆様の会社は一体どんな存在なのでしょうか?どんなアイデンティティがありますか?私は21世紀という時代に即した会社であるためには会社としての根っこの部分が大事だと考えます。つまり理念経営とビジョン経営が如何に大事なのかという事です。

企業理念は、その企業が存在し続ける以上、企業活動を行っていく上で根底となる考え方の事を示し、ビジョンはその理念に基づき、活動を行っていく上で描いている将来像の事を指していると理解しています。言い換えればビジョンは時代によって変化するものですが、理念は時代が変わっても決して変えていいものではありません。

企業理念とビジョンがあって初めて全社員は同じ目標に向かってベクトルを合わせられます。それによって会社の中長期経営計画、年度計画会、PDCAが創めて活きてくると確信しております。会員同士が本音で語り、本気で話し合い、希望に満ちた経営者集団を構築することによって、青年経営研究会に入会して本当に良かったなぁって、会社が本当によくなったって言って貰えるような会の運営をして参りたいと考えます。

東大阪青年経営研究会 会長 三島基司

青年経営研究会の目的(理念)

  • 会員の経営者としての資質向上と会員企業の発展、地域社会の発展に寄与します
  • 会員が生涯に亘り、本音、本気で話し合える仲間をつくります(ソウルメイト)

会と会のあるべき姿(ビジョン)

高い志ある会活動に徹し、
青経研のブランド価値を創造し続け、
信頼ある真の企業リーダーを目指します。

本年度活動方針

  • 会員は主体的に会の活動に参画し、“オープンマインドと利他心”の精神のもと自身の成長に努める。
  • 理念経営の基本からビジョン、社長方針、年度計画策定、PDCAを回す仕組みを構築する。

本年度スローガン

< 将来にコミット! 理念とビジョンが明確な経営計画に繋がる青経研 >

目的達成のための取り組み

以下、3つのことを目標達成のために取り組んでおります。

実用的な例会

会の目的に沿ったテーマを選定し、企画運営を会員相互の協力のもとに行う。

【企画・運営】

  • 年10会の例会を3つの委員会によって行う。
  • 例会において会員が自分の意見や考えを発信しやすい場づくり、会員相互に意見交換しやすい場づくりを行う。
  • アンケートなどで会員が習得した事項や会員企業に活かされた結果を調査し、実践しやすい様に情報として提供する。

【テーマの選定】

  • 経営者の資質向上に関すること。キーワードとして理念、ヴィジョン、リーダーシップ、倫理観、哲学など
  • 経営に関すること。キーワードとして人材の育成、教育、採用、営業戦略、顧客創造、財務、税務、環境整備など
  • 会員や会員企業が抱える課題や興味を把握し、その解決や深い理解と実践の一助となるもの。企業価値の向上に役立つもの。

ソウルメイトが作れる場づくり

交流の場を適宜に企画し、会員が語り合うことでソウルメイト作りを促進する。

【例会テーマの理解を深める分科会】

  • 例会のテーマをより深く理解し、習得していくために例会から継続して開催する分科会。

ex.話し方講座、今期も継続して開催予定

【会員交流がメインの分科会】

  • 共通の趣味や興味を通じて会員相互に交流を深めていく分科会。

ex.ワイガヤ会(ゴルフ)、アスリートゴルフ会、STC(テニスクラブ)、B級グルメ会など

情報共有化と参画機会の増加

新たに広報を設置し、会について得られる情報は可能な限り公平にすべての会員に周知をする。

【予定表/議事録の発信】

  • 例会、役員会、委員会、分科会等の会議に於ける決議事項や過程を議事録をもって速やかに発信する。
  • それぞれの開催予定、活動予定なども同時に発信する。

【Facebookとホームページの活用】

  • 会員への発信と同時に、会員相互の交流の場として活用する。

【役員会への一般会員の参加】

  • 一般会員の役員会への観覧を可能とし、役員会の様子を知る機会を提供する。また、議長了解のもと発言することも可能とする。

【役員会への一般会員の参加】

  • 会員サポートを設置し、広報による発信だけでは補えない、人と人とのコミュニケーションによる情報共有を行い、あるべき姿の会員として活動への参加を促していく。

入会案内

入会資格

東大阪商工会議所の会員事業所で、満55才未満の会社役員または後継者の方、またはそれに準ずる方

会費

月額1人5,000円。 (但し、事業内容によって参加者の方に別途特別会費を頂く場合があります。)

入会申し込み

入会希望の方は、下記フォームに必要事項をご記入してお送りください。

入会申し込みはこちら

青経研リンク

>>東大阪商工会議所